臭い 原因

犬の蓄膿症の臭いって?鼻からの異臭は放置すると危険!

可愛い愛犬に顔を近づけてみたら、
何だか鼻から臭いがする…

普通はしないはずの鼻から異臭がすると、
何だか心配になってしまいますよね。

中には犬臭いだけだと軽く考えてしまい、
病気など疑わない飼い主の方もいるかも
しれません。

しかし
もしそのような異臭と共に鼻水や鼻詰まり
などがあったら、それは蓄膿症という病気
の可能性がありますよ。

犬の蓄膿症は放っておくと命の危険もあり、
注意が必要な病気なんです。

そこで今回は、
犬の蓄膿症(副鼻腔炎)の症状と原因に
ついて詳しくご紹介したいと思います。

症状を酷くさせないためには、
早期発見・早期治療がとても大切です。

後半では犬の蓄膿症を疑うべき仕草もご紹介
していますので、ぜひ参考にして下さいね。


Sponsored Links




犬の蓄膿症(副鼻腔炎)の臭いの特徴とは

犬の蓄膿症とは、
犬の鼻の奥にある副鼻腔に炎症が起こり、
そこが化膿して膿が溜まる病気のことです。

鼻の奥にある副鼻腔という場所に炎症が
起きる病気のことを副鼻腔炎といいますが、
その状態が酷くなると蓄膿症を発症します。

ここでは詳しい蓄膿症の症状と原因を
ご紹介します。

●犬の蓄膿症(副鼻腔炎)の症状

犬の蓄膿症は
副鼻腔炎が悪化することで発症します。

蓄膿症(副鼻腔炎)の主な症状

・膿の混じった鼻水
・鼻血
・発熱
・くしゃみ
・鼻すじの腫れ
・鼻の痛み
・嗅覚が鈍る
・食欲がなくなる

血が混じった鼻水や粘り気のある鼻水が
ひっきりなしに出るようになり、鼻づまり
から呼吸困難を引き起こすこともあります。

鼻水には血や膿が混じるので、
かなりきつい臭いがすることもあります。

血生臭いような、何か腐ったような
匂いにも感じるかもしれません。

鼻の辺りにも臭いがするため、
犬の顔の近くで臭いをかぐと、
すぐに気が付くことができますよ。

●犬の蓄膿症(副鼻腔炎)の原因

考えられる原因はいくつかありますが、
鼻炎を放っておいて鼻の奥の副鼻腔まで
炎症が広がり、それが酷くなり蓄膿症に
なるケースが多くみられます。

犬の蓄膿症の主な原因

・鼻炎の悪化
・歯周病からの併発
・怪我
・腫瘍

また歯肉炎や歯槽膿漏などの口腔の疾患、
鼻腔内や鼻周辺の怪我による炎症からも、
副鼻腔炎を発症し蓄膿症になるケースが
あります。


Sponsored Links




犬の蓄膿症(副鼻腔炎)を疑うべき仕草

蓄膿症の症状により、
犬にも独特の仕草や行動が見られます。

  • 食欲がなくなる
  • 元気がなくなる
  • 呼吸が荒くなる
  • 口呼吸をする
  • 顔や鼻を気にする
  • 鼻をさわると嫌がる

症状のところでも言いましたが、
鼻つまりが酷くなるので鼻で呼吸が
しにくくなり、呼吸が荒くなります。

また溜まった膿により味覚や嗅覚も鈍くなる
ため、食欲がなくなり、元気もなくなる傾向
があります。

さらに鼻に違和感を感じることから、
顔や鼻を前足で擦ったり、擦り付けたり、
しきりに気にする仕草をするのも特徴です。

犬の蓄膿症(副鼻腔炎)は放置すると命の危険も!

このような症状と仕草から蓄膿症に
気が付いたら、すぐに動物病院へ
連れて行って下さい。

すでに
副鼻腔炎が酷くなっている状態ですので、
自然に完治させるのは難しいでしょう。

蓄膿症は慢性化することもあり、
また放置しておくと症状はどんどん悪化し、
溜まった膿が破裂することもあります。

さらに多量の鼻水により呼吸困難を起こし、
最悪の場合命の危険もあるのです。

このようなことにならないよう
早いうちに症状に気が付き、
適切な治療を受けることが大切ですよ。

また今回ご紹介した蓄膿症の他にも、
犬の臭いの原因には怖い病気が潜んでいる
可能性もあります。

詳しくはこちらの記事で詳しくまとめて
ありますので、確認してみてくださいね。

⇒犬が臭いのは病気の症状?においの種類からわかる原因【まとめ】

また犬が臭い原因には、
ストレスが関係していることもあります。

こちらで詳しくまとめてありますので、
こちらも良かったらご覧下さいね。

⇒犬が臭い原因とは!ストレスが関係してるって本当!?

臭い改善のために、愛犬の臭いの原因を
しっかりと突き止めてあげましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は犬の蓄膿症(副鼻腔炎)の症状と原因
について、詳しくご紹介してきました。

蓄膿症とは、
犬の鼻の奥にある副鼻腔に炎症が起こり、
そこが化膿して膿が溜まる病気
ということでしたね。

そして副鼻腔に膿が溜まることで
鼻水や鼻の辺りからもきつい臭いがする
ということも分かりましたね。

蓄膿症になった場合の特徴的な行動や
仕草もご紹介してきましたので、

もし愛犬に思い当たる症状がある場合には
早めに動物病院に連れていきましょうね。

今回は犬の鼻からの臭いで考えられる
蓄膿症についてお話してきましたが、
犬を飼っていると体臭にも悩まされますよね。

こちらに体臭に影響する食事について
まとめた記事がありますので、
ぜひ参考にして下さいね。

⇒犬の臭いは餌に原因があった!?体臭にも影響する食事の特徴

また自宅で簡単にできる犬の臭い対策を
ご紹介した記事もありますので、
こちらも合わせてご覧下さいね。

⇒犬の臭いの対策決定版!自宅で簡単にできる10個のケア

しっかりと愛犬の臭い対策をし、
臭いの改善をしてあげましょう。


Sponsored Links






ペットの『臭い』が気になる人必見!


ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。



ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見


ペットの体調が悪いと心配ですよね?

・涙やけが治らない
・食糞が治らない
・毛並みがボサボサ
・お腹がゆるい
・食欲不振
・皮膚がガサガサ

などの悩みを抱えていても

『何をしたらいいか分からない!』となる
飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたには
犬用サプリの
『aikona(あいこな)』がおすすめ
です。

aikona(あいこな)なら、

・涙やけを改善してくれる
・食糞対策に使える
・腸内環境を整えてくれる
・毛艶・毛並みがよくなる
・無農薬栽培で安全に食べれる
・満足度91%で期待できる

など色んな悩みに応えてくれます。

またどんな犬種に与えても大丈夫なので
大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪

ABOUT ME
ももこ
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、トリマー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ