臭い 原因

犬が臭いのは病気の症状?においの種類からわかる原因【まとめ】

定期的にお手入れをしているのに、
なぜか気になる愛犬の臭い。

シャンプーをしてもすぐに臭ってくると、
何だか心配になりますよね。

犬の臭いはある程度は仕方ないですが、

場合によっては犬の体調の悪化や
病気のサインの場合もあります。

放っておくと病気が悪化し、
命の危険を伴うこともあるのです。

そこで今回は、
犬の臭いから考えられる病気を
臭いの種類別にご紹介します。

また後半では、
臭いの場所から考えられる病気
についてお話していこうと思います。

愛犬の臭いで悩んでいる方は、
病気の早期発見のためにも
ぜひ参考にしてみて下さいね。


Sponsored Links




犬が臭い時に考えられる病気【においの種類別】

さっそく犬が臭い時に考えられる病気
についてご紹介します。

犬が臭いのには様々な理由がありますが、
臭いの特徴や種類からある程度の原因を
突き止めることができます。

そして特に病気が潜んでいる場合には、

  • 生臭い
  • 魚臭いにおい
  • 肉の腐ったようなにおい
  • 甘い・フルーツのようなにおい

このような特徴的な臭いがするでしょう。

それぞれ詳しくご紹介します。

【生臭いにおい】

犬が生臭いときには、口内環境の悪化か、
肛門腺の詰まりなどが考えられます。

肛門周辺を嗅いで臭い場合には、
肛門腺を絞ってあげましょう。

そして口周りから臭う場合には、
歯や歯茎などの病気になっている
可能性が考えられます。

犬が生臭い場合特に多くみられる病気が、
歯周病や歯槽膿漏です。

犬は自分で歯磨きができませんので、
飼い主がデンタルケアをしない状態だと、
口内環境は悪くなる一方です。

歯についた歯垢はやがて歯石となり、
歯石を放っておくとさらに悪化し、
歯の周りの組織が炎症を起こします。

その結果臭いもきつくなるだけでなく、
ひどい歯周病や歯槽膿漏になっている
可能性
があります。

また歯周病以外にも口腔内に腫瘍などが
ある場合も、嫌な臭いを伴います。

ここでは特に多い歯周病について
詳しくご紹介します。

●歯周病

歯周病とは、口内の菌によって
引き起こされる歯茎の炎症です。

歯茎の炎症だけなら歯肉炎といいますが、
それに加え周りの骨にまで炎症があること
を歯周病
と言います。

そして歯周病や歯肉炎の場合には
犬から生臭い臭いがします。

しかもこの歯周病、
日本では3歳以上の犬の8割がかかっている
または歯周病予備軍と言われているのです。

歯周病は軽度のうちはほとんど症状が出ない
ため、放置されることが多い病気です。

歯周病の主な症状としては、

  • 歯肉の赤みや腫れ
  • 口臭が生臭い&魚臭い
  • 歯がぐらつく
  • 目の下や顎の下の腫れる
  • 口を痛がる
  • よだれが多くでる
  • 硬いものが噛めない
  • 膿性鼻汁

などです。

酷い場合には目の下や顎の下の膿が破裂し
穴が開いて膿が出てくる
こともあります。

また歯周病菌が重大な病気を引き起こす
こともある
ので気をつけなればいけません。

歯周病がさらに悪化すると、その周辺の
骨が溶けたり失明するケースもあります。

また歯周病菌が血液に乗り全身にめぐると、
高熱が出たり、さらには心臓や腎臓に到達し
そこで炎症を引き起こすことで、
心不全や腎不全(慢性腎臓病)の原因になる
と言われています。

このように
歯周病はとても恐ろしい病気です。

もし愛犬に歯周病があると診断されたら
放っておかずにすぐに動物病院で治療
しましょう。

一度きちんと治療をしても、
歯垢や歯石はまた付着します。

再発防止のためにも、飼い主が日々の
デンタルケアをしっかりと行なうこと
が大切
です。

また
歯周病ではなく口内に腫瘍がある場合も
かなり酷い臭いを伴います。

腫瘍も場合によって命に関わることもあり、
早期発見・早期治療がとても大切です

このような口腔の症状は、
飼い主が口内のチェックをすることで、
早くに気がつくことができるでしょう。

飼い主が日々デンタルケアを行い、
しっかりと管理することが大切なのです。

【魚臭いにおい】

犬から魚臭いにおいがした場合には、
口腔内の疾患や腫瘍、
内臓の病気の可能性が考えられます。

内臓の病気の特徴的な症状の一つとして、
生臭いイカのようなにおいがします。

ドブ臭かったり、アンモニア臭がする
こともあります。

そして
内臓からくる臭いを放っておくと病気が
悪化し、最悪の場合は命の危険があります。

臭いに病気が潜んでいる場合は
元気が無くなったり、食欲が無くなったり、
他にも何らかの症状が出るでしょう。

臭い以外にも変わったところがないか、
飼い主がしっかりと愛犬の様子を観察
してあげましょう。

そして一刻も早く、臭いの原因となっている
病気そのものを
治療する必要があります。

動物病院で適切な検査と治療を受ける
ことが大切です。

●腎不全など腎臓の病気

腎臓病は特に高齢犬で多くみられ、
進行すると死に至る病気です。

腎臓は体で作られた老廃物を体の
外に排泄する役割を担っています。

生命活動を維持するために必要な
様々な働きを持った器官なのです。

その腎臓が病気や老化などで機能
しなくなると、体内にどんどん
老廃物が溜まってしまいます。

血液中に溜まった老廃物が体をめぐり
体液に混ざるため、体臭が魚臭かったり
アンモニア臭くなるのが特徴です。

また腎臓病には、急激に腎機能が
低下してしまう急性腎不全と、

時間の経過とともに徐々に腎臓病が
進行していく慢性腎不全があります。

特にアンモニア臭の場合には
慢性腎不全が疑われ、

  • 薄い尿を頻繁にする
  • お水を大量に飲む
  • 元気がなくなる
  • 疲れやすくなる
  • 食欲がなくなる
  • 嘔吐・下痢
  • 痩せる

などの症状が見られます。

腎臓病は放置してしまうと呼吸困難などの
症状が表れ、
命に関わる状態となります。

また腎臓は年齢とともに徐々に機能
が失われていくもので、一度失われ
た機能は回復することが難しいとも
いわれています。

臭いに気が付がいたらすぐに動物病院
連れて行くことはもちろんですが、

病気を早い段階で発見するためには、
健康そうに見えている犬でも定期的な
血液検査や尿検査を行うことが
とても重要なのです。

異常があった場合には早めに対処
することで症状を和らげたり、

愛犬の生活の質を改善することで
進行を遅らせることができます。


Sponsored Links




【肉の腐ったようなにおい】

肉の腐ったような腐敗臭がする場合は、
口腔内の疾患や内臓の病気など様々な
原因が考えられます。

また腐敗臭というよりも、酸っぱいような
酸臭がある場合は内臓の病気の可能性があり、

胃などの上部消化管の異常により
食べ物が通過できず、

そこで詰まった食べ物から腐敗した酸臭
のような臭いがしているのかもしれません。

ここでは、特に気をつけたい犬の癌
について詳しくご紹介します。

●胃がん

犬の胃がんには人間と同じく、
何種類かの進行の具合があります。

早期の胃がんは胃壁の粘膜層にできる
胃がんで、進行していくにつれ胃の外側
に癌が浸潤していきます。

最近は「スキルス胃がん」というもの
もあり、胃の表面には変化がなく、
胃壁の内側で大きく広がっていくのが特徴。

胃がんで突然死するケースは、
ほとんどがこれにあたります。

また犬の胃がんには、残念ながら
初期症状というものはほとんどなく

症状が出てくるのは中期から後期にかけて、
がんのステージが進行してからでてきます。

中期の症状
  • 食欲不振
  • 下痢・嘔吐
  • 元気がない
  • 体重減少
  • 下痢や便秘を繰り返す
後期の症状
  • 腹部にしこりができる
  • 黄疸
  • 嘔吐を繰り返す
  • 重度の貧血
  • 食べ物を全く受け付けない

先ほどもお話したように、この症状が
出た時にはかなり胃がんが進行しています。

愛犬の異変に気がついたら
早急に動物病院に連れて行きましょう。

●肺がん

犬の肺がんは、他の癌に比べて
非常に治療が難しい病気です。

犬に見られる肺がんは、
肺に発生するがん(原発性肺腫瘍)と、
肺以外の場所から飛んでくるがん
(転移性肺腫瘍)がありますが、

肺は生命を維持するために欠かすことが
できない臓器のため、原発性と転移性の
違いに関わらず命の危険がある病気です。

肺がんは進行が早いケースが多く、
気がついたときには末期状態に
なっていることが珍しくありません。

またもし初期で見つかり
腫瘍の切除手術が可能だったとしても、
肺がんは再発する可能性が高く、
延命につながらないこともあります。

しかし肺がんは初期症状がでやすいので、
しっかりと愛犬を観察し、少しでも早く
気がついてあげましょう。

肺がんの初期症状
  • 呼吸の荒さ
  • 息切れ

このような症状は安静時よりも
運動後などによく見られます。

さらに肺がんが進行してくると、
徐々に全身症状が現れてきます

進行肺がんの主な症状
  • 長引く咳
  • 安静時でも呼吸障害を起こす
  • 腹水
  • 痛がる
  • 元気がなくなる
  • 運動を嫌がる
  • だるそうにする
  • 食欲の低下
  • まったく食べたがらない

人間が犬の臭いから癌を発見することは
かなり難しいでしょう。

しかし元気がないと感じたり、
スキンシップしたときにいつもと雰囲気が
違うと感じたら、動物病院に連れて行き
しっかりと検査をしてもらいましょう。

【甘い・フルーツのようなにおい】

犬の尿や口、体から甘いフルーツ
のようなにおいがするとき、
糖尿病の可能性があります。

●糖尿病

犬も人間と同じように糖尿病になりますが、
人間の発症のメカニズムと少し異なります。

人間の場合、高カロリー食や運動不足から
インシュリンの働きが追い付かなくなる
「Ⅱ型」が多いと言われまが、

犬の場合は感染や中毒などが原因で
インシュリンが分泌されなくなる「Ⅰ型」
の発症がほとんどなんです。

インシュリンとは膵臓で作られるホルモン
のことで、腸で吸収された糖質をグリコーゲン
(エネルギー源)に変え、体の細胞に取り込む
働きを
しています。

このインシュリン量が不足することで、
血液中の糖質が下がらずに「高血糖状態」
となるのが糖尿病。

血液中の糖質をグリコーゲンとして肝臓に
貯蔵することもできなくなります。

糖質はそのまま腎臓に運ばれ尿と一緒に
排泄されてしまうことから「糖尿病」と
いわれるのです。

犬がかかるⅠ型糖尿病は、ウィルス感染や
腫瘍、中毒、膵炎などが原因となり、

膵臓の細胞が萎縮したり死んだりする
ことで、インシュリンの分泌が少なくなる
ために起こります。

遺伝的な要素が関係する場合やストレス、
発情なども引き金になることがあります。

また、余分な血糖はグリコーゲンとして
肝臓に貯蔵されますが、

太った犬はその貯蔵量が多く、
インシュリン不足が急激な高血糖を
招きやすいことから、

肥満の犬も糖尿病になりやすい
されています。

犬の糖尿病は
以下のような症状が特徴です。

  • 尿の量が増える
  • 水を飲む量が増える
  • 食欲はあるのに体重が減る
  • 嘔吐や下痢

そして
糖尿病で糖がうまく代謝されなくなると、
糖の代わりに脂肪がエネルギー源として
使われるようになります。

その結果体内でケトン体という物質が
生成されますが、これが甘い匂いの
体臭のもととなります。

糖尿病の治療はインシュリンがメイン
ですが、それと合わせてや食事療法、
運動療法などを行います。

いずれにしても
しっかりと治療が必要ですので、
異変に気がついたら早めに
病院に連れて行きましょう。


Sponsored Links




犬が臭い場所で病気がわかることも

犬の臭いにおいの種類から疑われる病気
についてお話してきました。

もう一つ、
病気を見つけるために大事な要素が、
どこから臭っているのかということです。

同じ臭いでも、
その臭いがする場所によって
考えられる病気が変わってきます。

犬が臭いなと思ったら、
まずは臭い場所はどこなのか、
しっかりと確認するようにしましょう。

【全身】

どこを臭っても同じ臭いがして
全身が臭い場合には、

皮膚炎などの皮膚病が全身で
起こっている可能性があります。

脂漏症や膿皮症などの皮膚病は
強い臭いを発生させます。

愛犬の皮膚に膿やかさぶた、発疹、
フケなどがあるのか観察しましょう。

皮膚に疾患がある場合には治療が必要な
皮膚病になっている可能性があります。

一度動物病院に連れて行き、
適切な治療を受けましょう。

皮膚疾患だからとシャンプーでゴシゴシ
洗うと、却って病気を悪化させることが
ありますので注意が必要です。

動物病院で診察を受け、適切な投薬や
薬用シャンプーを使い治療をしましょう。

また全身から臭いにおいがするとき、
ストレスが原因の場合もあります。

ストレスが原因の臭いについて
詳しくはこちらをご覧くださいね。

⇒犬が臭い原因とは!ストレスが関係してるって本当!?

犬のストレスは放っておくと
病気を引き起こすこともあるので、
注意しましょうね。

【顔】

顔の臭いの原因には、何らかの目の病気
が潜んでいるかもしれません。

目の周りに涙や目やにが溜まっていたら、
それが原因で臭っていると考えられます。

考えられる目の病気
  • 流涙症
  • 涙嚢炎
  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • チェリーアイ
  • 眼瞼内反症
  • 眼瞼外反症

流犬が目を擦るなどの仕草をしていたら
なおさら注意が必要です。

早めに動物病院で診察を受けましょう。

他にも鼻から臭っている場合は、
犬の蓄膿症かもしれません。

どのような場合にも顔から臭う場合には、
病院でしっかりと見てもらって下さい。

【耳】

犬の耳が臭いときにも
いくつかの病気が考えられますので、
しっかりと耳の中を観察しましょう。

もし耳から臭い膿が出ている場合には、
細菌性外耳炎の可能性があります。

犬の外耳炎とは、
耳の鼓膜の外側にある外耳道が何らかの原因
により炎症を起こしてしまう病気のことです。

外耳炎を発症すると、耳から異臭がしたり、
かゆみや痛みを伴うため、しきりに耳を
気にしたりかきむしるようになります。

細菌性外耳炎を起こしている場合、
まずはその菌を退治しなければなりません。

動物病院に連れて行き、
抗生物質や抗菌薬、炎症を抑えるための
抗炎症剤を投与する必要がありますよ。

外耳炎は再発しやすく、治療を誤ると
症状が酷くなることもある病気です。

早い段階で病院に連れて行き、
診てもらうようにしましょう。

また、膿が出ていないけれど耳が臭い
という場合には、真菌性外耳炎や耳疥癬

(耳ダニ)の可能性があります。

特に多くみられるのが真菌性外耳炎で、
膿ではなく黒い耳垢が出るのが特徴です。

また耳の臭いと共に乾燥した大量の耳垢
が出ている場合には、耳疥癬も疑われます。

いずれにしても耳の疾患は
犬にとっても辛い症状が出ますので、
早めに病院で診てもらうようにしましょう。


Sponsored Links




【肛門】

肛門付近が臭い場合には、肛門周囲の異常
や消化器系の内臓トラブルが疑われます。

  • 肛門嚢からの分泌液
  • 肛門嚢炎
  • 下痢

犬の肛門近くには肛門嚢という器官があり、
この中には肛門腺といわれる分泌液を出す
器官があります。

この分泌液はマーキングとしての役割があり、
犬同士があいさつの際に分泌液を嗅ぎ
相手の年齢や状態を把握したりもします。

そしてこの分泌液が、
犬特有の臭いを持っています。

お尻から生臭いような、
鉄のような悪臭がする場合は、
この分泌液の影響かもしれません。

本来、犬は肛門嚢に分泌液が溜まると
自分自身で便などと一緒に排泄しますが、
中にはうまく排出できない犬もいます。

肛門腺に分泌液が溜まると肛門から流れ出たり、
犬が床やカーペットに肛門を擦りつけて、
しきりに肛門を気にするようになりますよ。

対処としては人間が犬の肛門腺を絞り、
分泌液を押し出してあげる必要があります。

ここで肛門腺の絞り方を紹介した動画を
ご紹介しておきますね。

肛門腺の溜まり具合には個体差があり、
絞らなくても全く溜まらない犬もいれば、

溜まり易く頻繁に肛門腺を絞らないと
すぐに臭ってしまう犬もいます。

そして肛門嚢に分泌液が溜まり過ぎると、
肛門嚢が炎症する肛門嚢炎になることも
あります。

なかなか臭いが治らないときは、
動物病院で診察してもらいましょう。

同時に肛門付近だけでなく、
便の状態や排便のし仕方、お尻を気にする
様子がないかなども確認してみましょう。

何らかの消化器系の病気が隠れているかも
しれません。

【生殖器周辺】

さらに生殖器周辺が臭い場合も、
危険な病気が潜んでいる可能性があります。

オスの場合は

  • 亀頭包皮炎
  • 前立腺膿瘍

メスの場合は

  • 子宮蓄膿症
  • 膣炎

このような病気があると、
生殖器からかなり強い臭いを伴います。

特にメスの子宮蓄膿症では、
多くの膿が溜まりお腹が膨らんだり、
陰部から膿が流れ出てくることもあり、
きつい臭いがします。

そして病気が悪化すると
膿が大量に溜まりさらに子宮が腫れ、
腹膜炎や敗血症を引き起こして死に至る
こともある、とても怖い病気です。

早急に専門的な治療が必要になる病気
ですので、生殖器の臭いに気がついたら
すぐに動物病院に連れて行きましょう。

犬が臭いけど病気ではないなら毎日の餌が原因かも

臭いの場所から考えられるい病気について
ご紹介してきました。

どのような病気が疑われる場合も、
まずは病院できちんと見てもらうように
して下さいね。

そして病院で検査をして、
病気が原因ではないと分かった場合には、

もしかしたらその臭いの原因には、
毎日の餌が関係しているかもしれません。

人間でも同じですが、毎日の食べる物は
体臭に大きく関係してきます。

特に品質の低いドッグフードには
添加物や粗悪なものがたくさん。

それらは犬にとって消化も悪く、
不要な成分を多く摂り込むため
腸内環境を崩してしまいます。

腸内環境が崩れると体の機能が低下し、
体の循環も悪くなるため、
体臭を伴うようになってしまうのです。

また劣化し酸化したフードを食べることで、
生臭い体臭に感じ取れることもあります。

そしてそのようなドッグフードは体臭だけ
でなく、様々な身体への影も出てきます。

餌の影響については、
こちらの記事で詳しくご紹介しています。

⇒犬の臭いは餌に原因があった!?体臭にも影響する食事の特徴

そして体臭におすすめのドッグフードを
ご紹介している記事がありますので、
良かったらご覧くださいね。

⇒犬の臭いをフードで改善!体臭におすすめランキングTOP5!

愛犬の身体のことを考え、
必要な栄養バランスの取れた、
新鮮な
ドッグフードを与えましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は犬の臭いから考えられる病気を、
臭いの種類別にご紹介してきました。

愛犬から気になる臭いがしたら、
場合によっては病気の可能性がある
ということが分かりましたね。

そして病気の見分け方で大切なのは、
臭いの特徴やどこから臭っているのか。

犬が臭いなと思ったら、
臭いの種類とどこから臭っているのかを
しっかりと確認するようにしましょう。

たかが体臭だと思っていたら、
危険な病気が潜んでいる場合もあるのです。

病気の早期発見のためにも、
愛犬の臭いが気になったら
早めに対処してあげましょうね。

また餌の改善と合わせて、
サプリを与えるのも臭い対策に効果的です。

おすすめのサプリをご紹介していますので
参考にしてみて下さいね。

⇒犬の臭いにサプリが効果的!体の中からケアできるおすすめTOP5!

またこちらの記事では、自宅でできる
臭い対策をまとめてご紹介しています。

⇒犬の臭いの対策決定版!自宅で簡単にできる10個のケア

愛犬の臭いの原因に合った対策法を、
見つけてみてくださいね。


Sponsored Links






ペットの『臭い』が気になる人必見!


ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。



ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見


ペットの体調が悪いと心配ですよね?

・涙やけが治らない
・食糞が治らない
・毛並みがボサボサ
・お腹がゆるい
・食欲不振
・皮膚がガサガサ

などの悩みを抱えていても

『何をしたらいいか分からない!』となる
飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたには
犬用サプリの
『aikona(あいこな)』がおすすめ
です。

aikona(あいこな)なら、

・涙やけを改善してくれる
・食糞対策に使える
・腸内環境を整えてくれる
・毛艶・毛並みがよくなる
・無農薬栽培で安全に食べれる
・満足度91%で期待できる

など色んな悩みに応えてくれます。

またどんな犬種に与えても大丈夫なので
大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪

ABOUT ME
ももこ
ももこ
自己紹介をご覧いただきありがとうございます。 動物大好きで猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪ 専門学校にて動物のことを学び、卒業後は動物看護士として働いていました♪動物看護士、トリマー、愛玩動物飼養管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を持っております。 また時間があるときには里親ボランティアなどに参加しております。いま一緒に暮らしているわんちゃんねこちゃんは皆引き取った子達です♪ 学んできたことや経験を生かし、皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)宜しくお願い致します。ももこ